おばさん、上海ってどうよ!

え!ウソでしょ!? 50代半ばでダンナの海外赴任に帯同することに‥。 2021年〜コロナ禍での帯同に伴う葛藤や奮闘を書き留めていきたいと思っています。

時系列にしてみた‥ その➉ 2022年4月後半

隔離生活10日目。

今頃になって、緊張感がほぐれてきているのか?昨日、今日と、やたら眠たくて、結構長いお昼寝をしてしまっています。

ま、ネットがうまく繋がらなくて、暇つぶし用の動画配信とかが、見られなくなっていることも、原因としてあげられますが‥。

 

さて、昨日、4月のことを時系列にしてみたら、とんでもなく、長くなってしまったので、前半と後半で、分けてみることにしました。

今日は、続きの4/16から、書き記そうと思います。

 

  • 4月16日 ‥   荷造りなどいろいろしているが、体がついていかない。でも、休憩していても、頭が休まらず、つい動き始めてしまい、ゆっくり、食事をする時間もなくなってしまう。
  • 4月17日 ‥   7日前PCR検査へ行く。午後から、明日、明後日の、引っ越し作業が始まる前に、社宅の皆さまへご挨拶へ行く。日曜日の午後で、留守宅も多く、お会いできなかった方には、時節柄、対面を控えてのご挨拶でも仕方がないと考え、お手紙を添えて、粗品をポスト投函しておく。
  • 4月18日 ‥   上海市からの配給が届く。内訳は、米、乾麺、油、マスク、風邪薬と、抗原検査キット。
  • 4月18日 ‥   引っ越し業者さんが来られてお引っ越し作業。とりあえず、持って行かれては困るもの(渡航手荷物)を1箇所にまとめておく。航空便は、私の夏服中心で1箱。その他、今までに仕分けできていたものは、色違いの付箋を付けて、トランクルーム行きか?船便か?と、分かるようにしておいた。仕分けの出来ていないものも多く、その場で、決めたものも多かった。
  • 4月19日 ‥   お引っ越し作業2日目。昨日、寝ないで、仕分け作業をしたが、追いつかなかった。トランクルームは、昨日、運び出した分で、ほぼいっぱいになったので、今日の作業分は、ほぼ、船便になると思う‥とのことだった。手荷物で持って行くはずの荷物が多過ぎて、カバンに入らず、もう1つ航空便を増やしてもらう。ホッカイロ、マッチ、バーナー、スプレー、アルコールなど、火気厳禁で、引っ越しの際、どこにも行き場がなく、子供に引き取ってもらうことにする。夜、家から一番近いホテルに泊まる。
  • 4月20日 ‥   家に戻ってきて、家電リサイクル品の引き渡しをする。また、残っている荷物の片付けをし、車を借りて、大半は、子供の家で引き取ってもらうこととなる。昨日の引っ越しで、長過ぎて、保管でも船便でも、預かってもらえなかった、物干し竿を大型ゴミに依頼。4/28に回収となる。午後、赴任コンポの引き取り。大きいスーツケースを1つ、空港まで宅配してもらう。1階はスーツケースに入りきっていない荷物が残っていたので、2階部分だけ、床の拭き上げ掃除をする。
  • 4月21日 ‥   ホテルをチェックアウトして、3日前PCR検査へ行く。荷物だけ、次に泊まるホテルに預け、もう一度、家に戻ってきて、スーツケースに手荷物を詰め込み、1階部分の床の拭き上げ掃除と、排水溝など、水周りの掃除をし、最後に出たゴミなどを、仕事帰りの子供に寄ってもらって、持ち帰ってもらう。また、社宅の管理係さんに28日回収の大型コミを残して行くことをお伝えし、最後に社宅の鍵を返却。夜、PCR検査機関近くのホテルに泊まる。
  • 4月22日 ‥   上海市より配給が届く。内訳は、衣料用洗剤、食器用洗剤、石鹸、トイレットペーパーなど。また、ダンナより、会社の通訳さんの連絡先が届く。あと、日本の会社側のメンバーから、ダンナへ指示があったらしく、私のAlipayの個人認証を、日本の電話番号でしておくように‥とのことだったので実施。個人認証がちゃんと出来ているか?確認のために、Alipayで送金をしてもらい、受け取ることが出来たのでOKそう。そこで、Alipayの 画面左上のCityのところを上海に変えて、Health Code(健康码)のところに、随申办と国家政务服务平台を紐づけておくためのようだった。(私には、その時、いったい何の作業をしているのか?全然、分からなかったので、言われるがまま、登録していっただけだった。)夜になって、隔離期間14+7が10+7に変更されるかも!?という、ウワサを耳にしたらしい。
  • 4月22日 ‥   2日前PCR検査へ行く。いったん、ホテルに戻り、成田エクスプレスチケットレス予約をするため、えきねっとに登録した。午後から、昨日のPCR検査結果をもらい、夕方、7日前と今日のPCR検査結果ももらってきた。これで、PCR検査の陰性証明が3つ揃ったので、ひとまず安心する。夜、ギリギリのタイミングで、保険屋さんにホテルまで出向いていただいて、生命保険の海外渡航届を提出。
  • 4月23日 ‥   11:00のチェックアウトギリギリまで、ホテル内のコインランドリーで、大洗濯。大荷物を持って移動するので、ゆっくり移動時間をとって、12:00前くらいの成田エクスプレスで、成田へ向かう。チケットレスで、成田空港までチケットを購入したが、よく見たら、ホテルは、その一駅手前の、第2ターミナルだったので、そこで、途中下車。14:00のチェックインまで、ホテル前で時間を潰す。チェックイン後、HDCグリーン健康コードの取得に取り掛かるが、19:40まで取得できず、昼食と夕食を食べ損ねてしまう。
  • 4月24日 ‥   5:30起床し、京成スカイライナーで第1ターミナルへ向かう。赴任コンポで預けた荷物を引き取ってから、搭乗手続きをする。早めに、保安検査、イミグレーションを通過したら、朝食も食べそびれた。飛行機は、予定通り出発。機内食は、カレーパンやキットカットなど、持ち帰り不可の軽食。予定より若干早く到着した。到着空港では、税関の健康コードとパスポートを何回も見せながら、ぐるぐると、一方通行の動線を、歩く歩く‥。まずは、PCR検査同意書にサインして、PCR検査。次に、入国カードに記入し、入国審査。そして、成田空港で預けた荷物を受け取り、別送荷物があることを申告。最後に、WeChatのコードを読んで、個人情報や行き先などを登録してQRコードをもらい、行き先ごとに分かれたブースで、そのQRコードを読んでもらって、隔離されるホテルの情報を示され、同意書にサインし、ホテルごとのバスを待つ‥というような流れだった。バスで連れてこられたホテルで、チェックインし、ようやく、ひとまず、落ち着く。
  • 4月25日 ‥   チェックインした昨日が1日目と数えるようで、今日は、隔離2日目。昨日から、いろいろ試しているが、なかなかネットが繋がらず、当てにしていた翻訳機能が使えず、チェックイン時に、いろいろ、書類をもらったが、内容がなんとなくしか分からず困る。こんなこともあろうか?と用意していた「大中華」のデータSIMカードも、アンテナは立って使用日数は減っていくが、インターネットには繋がらず、残念。ロックダウンがなければ、中国の携帯番号のSIMカードが届けられていたはずだったので、悔やまれる。
  • 4月26日 ‥   朝9:00頃、部屋に、突然、検温の人が来られた。PCR検査は7日目と14日目だと説明されており、また、体温は、毎日、2回、決められた時間にWeChatのグループチャットで報告することになっていたので、ちょっとビックリ!いきなり中国語で、捲し立てられたので、最初、何をしに来られたのかも、分からなかった。聞き取れたのは、「戴口罩(マスクをつけて!)」だけ。マスクをつけたら、おでこに電子体温計をかざして検温をされて、ハイおしまい‥でした。
  • 4月27日 ‥   NHKワールドテレビが、音声は大丈夫だが、衛星放送なので、画像が乱れて、ほぼ、見られなくなる。がっかりしていたが、今日はネットが繋がったので、動画配信サービスを、HDMIケーブルでテレビへ繋いで見た。でも、時々、ネットは繋がらなくなり、話の途中で、動画が固まってしまう。
  • 4月28日 ‥   徒歩5分のところにあるお店の外卖を注文。その日中に納品されたらしい。
  • 4月28日 ‥   今日もNHKが調子悪く、ダウンロードしておいた動画配信サービスをテレビ画面で見る。
  • 4月29日 ‥   アパートの共同購入で、野菜セットを注文。
  • 4月29日 ‥   WeChatのグループチャットで、明日、朝6:00から隔離7日目のPCR検査をすると連絡が入る。午後、夕飯がいつもの時間になっても届かず、20:30頃に配られる。ついに隔離ホテルでも、食料の確保が出来なくなったのか?と、ちょっと焦った。
  • 4月30日 ‥   ダンナから、AlipayのHealth Code(健康码)の随申办から、立即査看を押すと、QRコードが出るので、その下にある4つの選択肢の中から、さらに、疫苗&核酸を押すと、PCR検査の結果が見られることを教えてもらう。
  • 4月30日 ‥   朝6:00にPCR検査があると聞いたので、5:30に起きてスタンバイしておくが、7:00になっても、検査に来られなくて、先に、朝食が届いたので、温かいうちに食べ始める。7:20頃、ご飯の途中だったが、うがいをしてマスクを着け、PCR検査を受ける。鼻と喉から検体採取したが、一瞬の早業で、今までで、一番楽なPCR検査だった。午後、数時間ほど、頼みの綱の楽天モバイルローミングの電波が拾えなくなる。Wi-Fiも満足に繋がらないのに、楽天にも繋がらなかったら、本当に、どこにも確実に連絡が出来なくなるので、焦ったし、怖かった。

 

以上、4月の様子でした。

ダンナのロックダウンの様子も、チラホラと、伝え聞いた範囲で、記してみました。

上海市からの配給は2回。

あとは、アパートの共同購入や外卖で、飢えるほど、食料には困っていない様子でした。

 

今月も、またまた、大変長くなってしまい、しかも、読みづらい感じになってしまいましたね。

 

最後まで、お読みいただいた方、いらっしゃいましたら、ここまでお付き合いいただき、本当に、ありがとうございました。🤗