おばさん、上海ってどうよ!

え!ウソでしょ!? 50代半ばでダンナの海外赴任に帯同することに‥。 2021年〜コロナ禍での帯同に伴う葛藤や奮闘を書き留めていきたいと思っています。

時系列にしてみた‥ その⑭ 2022年6月(後半)

今月も、思いの外、ボリュームが出てしまった「時系列にしてみた」シリーズ。

先月に引き続き、前半と後半で分けて、書き記すことにしました。

前回、6月前半について、書き終わりましたので、今回は、続きの6月後半について、書き記していきたいと思います。

 

  • 6月16日 ‥   早朝、ダンナが、オンラインで、私の居留許可の申請手続きに行く予約を、取ってくれた。取りにくいと言われていたが、案外、あっさり取れて、拍子抜け。ただし、予約は2週間後までいっぱいだったので、2週間後に、申請に行くことになる。また、午後から、こちらも、会社の通訳さんに予約を取ってもらっていた、体格検査の結果を持って、通訳さんと一緒に何処か?へ出向く。私は、何枚かサインをして、写真を撮られただけだった。何のための申請なのか?よく分からず。
  • 6月17日 ‥   ハウスキーパーさんがお昼ごろいらっしゃって、お昼ご飯を食べるタイミングを失ってしまい、午後の中国語レッスンに遅れそうになってしまう。前回も、同じような時間帯だったので、先生とご相談の上、次回から、開始時間を30分遅らせてもらうことにした。
  • 6月19日 ‥   先週に引き続き、区の一斉PCR検査があった。どうやら、7月末まで、市内全域で、週末の一斉検査をやることになったらしい。
  • 6月20日 ‥   ダンナが、新しい中国語の語学学校の体験レッスンに行く。そのまま、契約することに決めてきたらしい。
  • 6月23日 ‥   持病の薬が少なくなってきているので、ダンナの通院している病院に、お薬を出していただきたい旨のお問合せをWeChatでしてみる。どうやら、日本と同じ薬が出せないものもある様子。
  • 6月24日 ‥   中国語レッスンで、レストランでの注文のやりとりを習うも、今は、QRコードで頼むので、このような会話は使わないと言われ、ビックリする。また、病院からWeChatで連絡があり、一度、来院を‥とのことだったので、予約を取ってもらう。
  • 6月25日 ‥   病院へ行き、先に無くなりそうなアレルギーのお薬だけ出してもらう。院内処方だったが、在庫の足りないお薬があり、足りないものは、家まで送っていただくことになる。また、京东で5/25に頼んでいたナンプラーを、1ヶ月経っても発送される気配がないため、キャンセルした。少ししてからWeChat Payにちゃんと返金があった。
  • 6月26日 ‥   週末恒例となってしまった、一斉PCR検査あり。この日、アパートの高架水槽の点検清掃のため、9:00〜17:00まで断水となっており、夕方まで家でPCR検査を待っているのは、ちょっと、辛かった。
  • 6月27日 ‥   引越し業者さんから、今週中に、航空便が届けられる予定と連絡があった。また、日本の暑さが大変なことになっているようで、心配になって、久しぶりに、日本にいる家族と連絡をとる。何とか、元気でやっているようで、安心する。
  • 6月28日 ‥   中国への入国後の隔離期間が、「14+7」から「7+3」に短縮されるらしいと知る。長らく帯同待ちをされているご家族が、一緒に暮らせるようになるハードルが、ちょっと低くなったのは、喜ばしいことだと思う。
  • 6月29日 ‥   明日、航空便が届くことになった!引っ越し業者さんからは、午前中に‥と、連絡をいただいたが、居留許可申請に行く予約をしていたので、午後からに変更していただく。
  • 6月30日 ‥   今日0時から、隔離期間が「7+3」に変更になったらしい。また、午前中、居留許可の申請に行き、午後から、引っ越し荷物のうちの航空便が届く。居留許可申請は、体格検査の時と同じく、通訳さんが手続きをしてくださって、自分は、写真撮影とサインくらいしかしなかった。航空便は、届いた時に、ダンナが、船便の方の書類関係の手続きをするはずだったが、忙しかったようで予定時間に、家に戻って来れず、私が代行することになった。夜、病院からWeChatで連絡あり、在庫の足りなかったお薬を発送したとのことだった。

 

6月後半については、だいぶん、生活が落ち着いてきたのか?、書き出してみると、そこまでのボリュームにはならなかったですね。

しかし、まだまだ、時間の使い方が定まっていなくて、今日1日、何をやっていたんだっけ?と思う日が多いです。

渡航前の充実した時間の使い方に戻って、中国語の勉強も、毎日やりたいとは思っているのですが、買い物に時間や労力を奪われてしまって、ついつい、語学学校の日しか、勉強していない状態が続いています。

 

渡航前のひとりの時と、今のふたりの生活では、家事に奪われる時間も、多少、違うので、全く同じには戻れないとは思いますが、今後、中国語の勉強だけでなく、運動なんかも、もう少し、継続して出来るように心掛けていきたいと思っています。

 

今月も、長々と、思い付いたまま、書き留めて、結構なボリュームになってしまいました。

最後までお読みくださった方、いらっしゃいましたら、今月分も、最後まで、お付き合いいただき、どうも、ありがとうございました。🤗

 

時系列にしてみた‥ その⑬ 2022年6月(前半)

6/1に、都市封鎖状態から、一応、解放された上海。

家の外には出掛けられるようになりましたが、1ヶ月経っても、なお、PCR検査を反映させた健康コードや、場所コードによる行動記録に縛られた上での自由行動です。

いつ、また、自分が濃厚接触者になったりして、封鎖されてしまうか?も分からないため、油断できず、皆さま、食料の備蓄なども、欠かさないようにしていらっしゃるのではなかろうか?‥と思われます。

6月も最後の今日から、入国の際の隔離期間が短くなったり、外食が出来るようになったり‥と、朗報も耳には入ってくるものの、まだまだ、綱渡りのような暮らしを続けています。

 

さて、渡航から、2ヶ月以上が経ち、私自身、もう、そんなに、渡航関係の出来事も無くなってきたか?と思いましたが、書き始めてみると、意外と、ボリュームがあったので、とりあえず、6月も前半と後半の2回に分けて、時系列に書き記したいと思います。

 

  • 6月1日 ‥   上海市が都市封鎖から解放されるも、私は、随申码のコードに反映されているPCR検査の陰性証明が、场所码をスキャンすると、古いPCR検査の陰性証明しか紐づいて出てこなくなってしまい、出掛けたものの、何処にも入れなかった。核酸码の履歴を見ると、姓+名で登録された検査結果と名+姓で登録された検査結果があり、二重登録されていた。それぞれが、違う名前の方から紐づけられているようであることまでが分かったが、この時点では、どうにも出来ず。また、2日前まで、普通にレッスンをしていた、ダンナの語学学校から、急に倒産?したと連絡があり、その後、連絡先に繋がらず、先払いした料金(年払いにしたうちの半年分くらいで約20万円分)を持ち逃げされる形になってしまった。ショック!!
  • 6月2日 ‥   昨日、予約して、今日、中国語の語学学校の説明会に行く予定にしていたが、场所码がうまく反映されない問題で、学校のある建物内に入れなかった。結局、建物入り口付近で説明を受け、体験レッスンの予約をして帰った。
  • 6月3日 ‥   场所码がうまく反映されない問題は、いろいろ、調べたり、対策を講じてみたりしたけれど、まだ、解決されず。アパートの日本語を話せるスタッフさんに相談に行ってみたら、同じ問題で先客あり。アパートのスタッフさんが、その方と一緒に、まとめて、問い合わせをしてくださることになった。解決はしていないけれど、時間がかかりそうなので、そのまま、散歩がてら、外へ出掛けてみる。正しい情報が反映されている随申码を見せると中に入れてくれる建物もあったが、厳しく追い返されるところもあった。また、中国では『端午節』の祝日だったが、アパートから、端午節伝統の慣わしとして、『ちまき』をプレゼントしていただく。日本語で「皆さん、2ヶ月間ご協力いただきありがとう」とコメントをつけてくださっていたけれど、お世話になってありがとうは、こちらのセリフだわ!と思う。
  • 6月4日 ‥   引き続き、场所码がうまく反映されない問題は解決せず。スタッフさんからも、その後、どうなったか?の連絡はなかった。試しに、ちゃんと正しい結果が出ている方の名前の姓+名の順番を、間違った結果が紐づいてしまう名前の名+姓に統一させるべく、随申码の名前の変更申請と、アリペイの実名認証の変更申請をしてみた。(アリペイが銀行口座と紐づいている人は、両方の名義が合致しないと問題が発生するらしいが、私は、銀行口座と紐づける予定がなかったので‥。)朝、申請してみたら、昼過ぎに、相次いで、変更が完了してしまい、そんなにすぐに対応してくれると思わなかったので、出掛けた先で、どのコードもすごい古い結果しか、紐づかなくなってしまい、困った。でも、これで、PCR検査を受けたら、全部、同じ結果が紐づくように変わったので、场所码で困ることがなくなるはず。
  • 6月5日 ‥   昨日、名前を統一させたことで、やっと、场所码で困ることがなくなったのでホッとした。ダンナが、明日から、通勤出来るようになるので、地下鉄に乗ったり、バスに乗ったりして出掛け、買い物の仕方など、私が、1人で行動できるように、指南してくれる。帰って来てから、淘宝での買い物もしてみた。また、上海が暑くなってきたので、初めてエアコンを使った。
  • 6月6日 ‥   ダンナが出勤するようになる。私は中国語の語学学校の体験レッスンに行く。体験レッスンは良い感じだったが、もう1回体験レッスンを受けられる‥というので、もう1回受けてみることにして、予約をした。体験レッスンの帰りに、スーパーに寄って、初めて、ひとりでのお買い物をする。
  • 6月7日 ‥   ロックダウンが続いていたので、ここがサービスアパートだったことを、すっかり忘れていたが、今日、初めて、タオル、シーツ交換とお部屋のお掃除に来てくださった、ハウスキーパーさんにお会いする。你好と謝謝しか喋れないし、何処にいたら良いのか、何をしていたら良いのか、戸惑う。
  • 6月8日 ‥   中国語の語学学校の2回目の体験レッスンを受ける。結果、どちらの先生でお願いするか?迷いに迷うことになる。
  • 6月9日 ‥   2回目に受けた体験レッスンの先生でお願いすることに決めて、学校に連絡をする。また、淘宝で買った物が届いた。
  • 6月10日 ‥   買い物に行ったものの、欲しいものが見つからず、ま、いっか‥と帰ってきたが、解放から10日で、また、封鎖されたり、一斉PCR検査が始まるウワサが流れて来たので、夜になって、また、買い物に行き、冷蔵庫をパンパンにしておく。
  • 6月11日 ‥   初めての遠出で、地下鉄を乗り換えて、外难へ行く。上海を代表する観光地だが、昨日のウワサもあったからか?まだ、人出はまばらだった。まだ、ゼロコロナ政策で、外食は出来ないので、半日で家に帰る。
  • 6月12日 ‥   ウワサ通り、地域の一斉PCR検査があった。久しぶりに抗原検査もした。暑くなってきたので、航空便も来ないし‥と、夏服を買いに行く。お値段の高さにビックリして、Tシャツ1枚しか買えず。淘宝で、もっとお安いのを探してみることにする。また、上海が梅雨入りしたことを知る。
  • 6月13日 ‥   雨続きで、購入した除湿器を、初めて使ってみる。排水の水が、思いの外、たっぷり溜まっていてビックリ!!
  • 6月14日 ‥   語学学校と契約を交わし、約半年分のお支払いをAlipayでする。今日から、中国語レッスン開始。拼音の発音から、みっちり、教えていただく。帰りに、アパートのフロントで、電気代とガス代、3月〜5月の3ヶ月分をお支払いする。私が+7のホテルに延泊した分を差し引きしてくださった料金をお支払いした。こちらも、Alipayでお支払い。
  • 6月15日 ‥   居留許可の申請に行くための、予約が、今、取りにくいらしいと知る。明日の朝、朝が得意なダンナが、4:00起床で、オンライン予約にトライしてみることにする。

 

ここまでで、意外と、ボリュームが出てしまったので、今月も、前半と後半で、分けて書き留めることにしました。

正直、今月は、もう、書くこと無さそうだな‥と思っていたのに、こんなに書いてしまって、自分でも、ビックリです。

 

いつも、長くなってしまってすみません!!

続きは、また次回、お届けしたいと思います。🤗

 

『G』と格闘‥からの〜『虹』

今日も、上海は暑いです。

なんと、朝8:00の時点で、家の温湿度計では、30℃、80%超えでした。

今日は、語学学校もないし、2日に1回受けているPCR検査もしなくて良い、これと言って予定のない日だったので、朝、洗濯を終えて、日課にしている運動も済ませた後、ちょっと、ゆっくりしていました。

 

でも、食糧の買い物には、行きたかったので、昼前に行こうか?午後に行こうか?‥なんて思いながら、リビングで過ごしてたのですが、ふと、ベランダへ続く、大きな窓の下に、何かが動いていることに、目に留まりました。

なんだ?と思って、よく見てみると‥、なんと!!『G』(ゴ○ブリ)ではないですか!?

 

うわっ!見たくないものを見てしまった!‥と、ショック!!😱

『G』って、夜行性なんじゃないの? 今、朝、10:00だよ!? 何で、こんな時間に???😭

 

この前の、羽アリの大量発生の時も、殺虫剤の用意がなくて困ったのですが、その後も、まだ、準備をしていなかったし、ダンナも出勤していて家にいないし、この突然の事態に、どうしたものか?と、ちょっと、パニック。

叩いたりして潰れたりするのも、その後の処理が嫌だし‥、でも、このまま、家のどこかへ行ってしまうのも嫌だし‥。

 

結局、窒息してもらう作戦で、食器用洗剤を持って、恐る恐る『G』を追いかけ回し、振りかけることにしました。

しかし、なかなか、洗剤が『G』に命中してくれません!

そして、格闘すること、1時間。

ゴメンナサイ‥だけど、ようやく、『G』が、動かなくなってくれました。

何枚かのティッシュと、ビニール袋で、直接、触った感触が分からないように、そして、見た目も見えないようにして拾い上げ、処分をさせてもらったのでした。

 

正気に戻ってから、ふと、気付くと、今度は、リビング、ダイニング、玄関あたりの床の、あちらこちらに、洗剤を振り撒いて、格闘した痕が、大変なことに‥!!😵

 

雑巾で、あちこち、拭いて回るも、なかなか、拭き取れず、何回も、雑巾を洗っては拭き、洗っては拭きを、繰り返すハメに‥。

気が付くと、もう、お昼になってしまっていました。

しょうがないので、お昼から買い物に行くか?と思い、お昼ご飯を食べていたところ、今度は、急に、雲行きが怪しくなってきました。

 

早めに、洗濯物を取り込んだので、洗濯物はセーフでしたが、次第に、雷を伴うほどの豪雨に‥。😫

 

『G』との格闘や、その後の、洗剤だらけの床との格闘で、気力、体力とも弱っていたところ、更に、豪雨にトドメを刺されてしまった感じがして、すっかり、買い物に行く気が、失せてしまいました。

買い物に、行かないことを決めたし、格闘で疲れていたので、ここで、ちょっと、お昼寝。

お昼寝から起きてみると、空は、少し明るくなっているけれど、まだ、雨は降っている‥という、お天気雨の状態でした。

 

ん!?これは、もしかして‥??と思って、ベランダへ出てみると、案の定!🤔


f:id:e-083:20220629221444j:image

キレイな虹が、掛かっていました!!

 

今日は、朝から、あたふたした1日で、何だかなぁ‥って感じでしたが、急に、何か良いことがありそうな、良い気分に変わりました!

 

明日は、航空便も届くし、きっと、良い日になるに違いないな‥と思う、単純な、おばさんでした。🤗

 

どこまで、ホントかな!?

今日、聞こえてきた話なのですが、中国に入国する時の、外国人の隔離期間が、今までの「14+7」から「7+3」に短縮になるのだとか‥。

中国への渡航ルールは、よく変更になるので、私が渡航してくる時も、PCR検査の予約を入れた頃、急に渡航ルールが変更になって、予約を取り直したり、あたふたした覚えがあります。

私が、渡航後「14+7」=21日間のはずだった隔離期間を、ホテルの不手際とアパートの都合で、23日間過ごしてから、ようやく、上海の自宅へ辿り着いた頃にも、渡航ルールの変更があったので、今回の話が本当であれば、大体、2ヶ月に1回くらい、ルールが変更になっている計算になるか?と思います。

 

しかし、ルール変更と言っても、中国に入国する時の大筋のルールというか、指針です。🧐

 

私も渡航後、14日間は、政府指定のホテルで、キッチリ管理されていましたが、その後、私のアパートでは健康観察期間を過ごすことが出来なかったことから、政府に手配していただいたホテルで「+7」の健康観察を行っていました。

しかし、私が渡航した頃、上海は、ロックダウンの真っ只中で混乱されていたのか?、渡航16日目と21日目に受けると決まっていたPCR検査を受けることが出来なくて、いつまで経っても陰性証明が取得できなかったことから、アパートに移ることが出来ず、結局、「+7」という、大筋のルールがあるものの、隔離期間が2日間延長されて、「+9」トータル23日間になってしまったのでした。

 

今回、話題になっている「7+3」も、中国という国の大筋のルールではあるけれども、果たして、上海市にも、そのルールが適用されるかどうかも分からないし、もっと言えば、時期や地域やアパートなどの住む所の都合によって、大筋とは違った独自のルールになっている可能性も残っていると思います。

 

ともあれ、市報では、上海の新規感染者ゼロの日も、先週から何日か、見られるようになったし、5月の大変厳しかったルール変更の後、6月には、帯同ビザ申請の前に必要だった、最大の難関、招聘状を取得する必要もなくなっていて、中国への渡航のハードルも、低くなる方向に動いています。

今、家族が離れ離れに暮らしていらっしゃる、帯同待ちのご家族の方々にとっても、朗報か?と思われるので、コロナが、もう少し、落ち着いた頃には、渡航しやすくなるのではないか?と思います。

 

まだまだ、油断は出来ない上海ですが、今週から、ほとんどのお店で、店内飲食も出来るようになったらしく、今日、学校まで行ってみたら、今までとは、ちょっと、人出も多くなっていたように思います。

 

どうか、このまま、リバウンドせずに、通常の日常が戻ってきてくれることを願うばかりです。😊

 

あ、ちなみに、話は変わりますが、私が楽しみにしていた、上海ブラスバンドの次回定期演奏会は、来月の7月10日に行われる予定でしたが、3月くらいから、コロナの感染拡大で、合奏練習が出来ず、来年の2023年1月8日へと延期になったそうです。

 

日常が戻ってきたら、私も次の演奏会には、ステージ側に座っていたいと思っています。🤗

 

今週、航空便が届くみたい!

今日の午前中、引越し業者さんからダンナにご連絡をいただき、どうやら、航空便が今週中には届く見込みのようです。

本来なら、渡航1週間後くらいに届くはずのものですが、渡航から、2ヶ月以上経って、やっとの、到着予定となります。

当初、私より約1ヶ月前に帯同された、同じ会社にお勤めの方のお宅でも、近々、お引越しの荷物が届くようだ‥というお話を、ダンナから聞いていたので、ウチは、もう1ヶ月くらい、先の話になるかな?‥と思っていました。

 

業者さんも、ロックダウンが解除されてから、相当、頑張って、溜まりに溜まっている、皆さまの引っ越し荷物を、一生懸命、捌いておられるのでしょうね。

私としては、夏の終わりにならないと、航空便も来ないかな?と思っていたので、思いの外、早く届けていただけるとのことで、ありがたい限りです。

 

ウチの航空便は、たった2箱しかないのですが、その、ほとんど全部が、私の夏服だったと思います。🙄

 

日本も、かなり気温が上がって、地域によっては、今日、梅雨も明けたそうですが、上海も、連日、朝から30℃超えで、しかも、湿度も高いので、かなり暑い日が続いています。

先々週だったか‥、半袖を求めて、夏服の買い出しに行ったものの、お値段に驚いて、1枚しか、買い足せなかったので、ネットで、もっと安いところで購入しようと思って、いろいろ、探しておりましたが、今週、航空便が届くなら、もう、夏服を買い足す必要もなさそうです。

 

あとは、船便が、いつ届くか???😅

 

まだ、引っ越し業者さんから、船便についてのご連絡はありませんが、こちらも、同じくらいに上海へ来られた方々のブログなどを拝見していると、航空便が届いてから、10日くらいで届いている様子なので、秋になるか?冬になるか?と思っていた、待ちに待った船便も、夏のうちには、届きそうな雰囲気です。

 

こちらは、本当に、いろいろ届くと思いますが、何が船便で届いて、何がトランクルームで保管になったか?最後は、今ひとつ、把握出来ないまま、梱包されてしまっています。

本当は、トランクルームに残して行きたかったけれど、規定量を超えたため、しょうがなく、船便で持ってきた、カラーボックスなどの収納家具も、いくつかあるので、何をどこに配置して置いてもらうか?も、ちょっと、考えておかないといけないな‥と思っているところです。

 

日本では、3LDKの社宅でしたが、こちらでは、2LDKのアパートなので、いろいろ、配置してみたら、今、余裕のあるお部屋も、かなり狭く感じることになりそうで、怖いです。

ま、でも、収納するところの少ないお部屋だったので、持ってきたものは、その中に収納しておけるかな‥!?

とにかく、船便では、相当な量が届く予定なので、本当に、この暑い時期に届くとしたら、引っ越し業者さんには、とんでもなく、ご迷惑をお掛けすることになりそう!?

 

引っ越し業者さんには、大変、申し訳ないのだけれど、どうか、よろしく、お願いしたいと思います。🙏

 

まだまだ続く、PCR検査

今週もまた、週末は、恒例となった、区全体の一斉PCR検査。

朝から、抗原検査キットが配布され、いつものように、検体自己採取による抗原検査をした後、PCRに呼び出されるのを待っています。

 

さらに、ウチのアパートでは、今日、屋上にある高架水槽の点検と清掃のため、朝9:00〜夕方17:00までの予定で、建物全体が断水となっております。

2日前くらいに、エレベーターの中に、お知らせの紙が掲示されていて、今日、断水されることを知ったのですが、一斉PCR検査が終わるまで、外へ出掛けられないことが分かっているのに、何も同じ日にやらなくても‥と思いつつも、皆さま、じっと、お部屋の中で、耐えていらっしゃることと思います。

 

ま、でも、事前にお知らせをしてくださっていたので、朝、早起きをして、洗濯機を回し、ご飯も早めに済ませ、念のため、湯船にお水をはって、洗面器やバケツにお水を溜めておきました。

 

私たちは、まだ、いろいろ、お知らせを受けていれば良いだけですが、アパートのスタッフさん達は、こんなふうに、予定が重なってしまうと、準備や対応に、さぞかし、大変なのではなかろうか?と思います。

いつも、親切、丁寧に(日本人には日本語で)対応してくださって、本当に、ありがたい存在です。

 

そうそう、本当にありがたい‥といえば、PCR検査をしてくださっている皆さま方も、然りです。🤔

 

毎日、暑いのに、街角PCR検査では、ブースの中に入って、防護服姿で検査をして下さっていますが、最近は、検査をして下さっている時に、フェイスシールドの内側が、汗だくになられているのが見えて、「本当にお疲れさまです」と、お声を掛けたい気持ちでいっぱいになります。

 

昨日も、病院に行く前に、ちょっと周りをウロウロしていたのですが、とある街角PCR検査場では、ブースの中に検査員さんがおられるのに、検査を受ける人が誰もいらっしゃらなくて、でも、ブースの中では、いつ来るか分からない誰かのために、暑さに耐えてぐったりされている検査員さんが控えていらっしゃるのを目にしました。

 

世界では、Withコロナへと舵を切って、社会が動き出していますが、こちらでは、With PCR検査で、社会を動かそうとしているので、私たちは、ちょっと、面倒臭いけれど、場所コードをスキャンしたり、2日に1度のPCR検査を受ければ良いだけですが、これからどんどん暑い季節となるので、PCR検査検査をする方々は、本当に大変そうです。

 

一昨日、昨日と、市報では、空港検疫以外での、PCR検査の陽性者はゼロだったと報告されていて、いよいよ、ゼロコロナ達成が近づいてきたか?と思われましたが、日本人の方が、割とたくさん住まわれている地区で、昨日、濃厚接触者が出て、今朝から、封鎖されているところがある‥とかいう情報も、目にしました。

あれっ!?ゼロなんじゃなかったの!?と思いますが、どっちの情報がどうなのか?は、謎です。

 

入ってくる情報も、そんな感じなので、まだまだ、油断は出来ないんだな‥と、またもや、気を引き締められる思いがした、おばさんなのでした。😮‍💨

 

病院へ行ってきました!

先日、アレルギーのお薬の手持ち分が、残り少なくなっていたことから、ダンナの通院している病院へ、WeChatでお問合せをして、上海でも同じお薬が手に入るか?の確認をしていただきました。

その日のうちに、お返事をいただけませんでしたが、次の日の朝、すぐに、お返事をいただいて、在庫のあるものもあるけれど、同じ薬が手に入らないものもある‥ということでした。

そして、一度、来院して、先生と、ご相談を‥とのことだったので、通院の予約を取っていただくことにしたのですが、たまたま、直近で、今日の予約に空きがあり、午後からの予約を取っていただいて、早々に伺うことが出来ました。

 

病院の場所も、まだ、知らないので、今日、仕事がお休みだったダンナにも、一緒に来てもらうことにして、遅めの朝ごはんを食べてから、まず、買い物に出掛け、その足で、病院に向かうことにしました。

 

買い物は、必要買いで、地下鉄を乗り継いで行ったのですが、目的を持って出掛けたので、そんなに時間が掛からずに終わってしまいました。

‥なので、家まで戻ると、予約の時間に間に合わないかも知れないし、でも、今すぐ行くと、予約の1時間も前に到着してしまう‥という、何とも中途半端な状態に、なってしまいました。

でも、遅れるよりは‥ということで、早めに病院に向かい、病院の周りを、ぐるっとお散歩するようにして、時間を調整してから伺いました。

 

病院へ到着すると、コロナ禍なので、間口の広い、表玄関は、出口専用になっており、裏口の方へ行くように‥と、促すような張り紙がしてありました。

勝手口のような裏口では、警備の方が立っておられて、まず、場所コードをスキャンし、48時間以内のPCR検査陰性結果を確認され、機械で検温もされてから、受付へと向かいました。

 

裏口の受付では、防護服を着たお姉さんが、中国語で何か喋られていたけれど、私は、何を言われているのか?全く分からず、一緒に来てくれたダンナが、やりとりをしてくれました。🙄

 

まず、抗原検査をして陰性を確認し、その後、コロナについて、疑われる症状が出ていないか?とか、最近、接触した人で、陽性になった人はいなかったか?とか、ワクチンは受けているか?などの質問が書いてある用紙に、Yes かNoの✔︎を入れて回答し、署名をしました。

 

その後、本当の受付へ誘導され、そこで、やっと、日本語の通じる中国人の方が、案内をしてくださいました。

まず、パスポートと保険証券をお渡しして、確認をしていただき、その間に、連絡先や問診票など3枚くらいの用紙を渡され、それぞれ、記入をしました。

 

それから、ようやく、先生の部屋へと案内され、初診となりました。😊

 

日本語の話せる先生は、何人か?いらっしゃるようでしたが、私は、どうやら、ダンナの主治医と同じ先生で、事務の方が、予約を取ってくださったようでした。

事前に、WeChatで、服用しているお薬を連絡はしていましたが、英文の紹介状を書いていただいていたので、まず、それをお渡しして、診ていただきました。

 

今日、とりあえず、処方していただきたいのは、アレルギーの方のお薬。☝️

 

想定の範囲内でしたが、同じお薬は無い‥とのことで、ご相談の上、代替薬をいただいて帰ることになりました。

 

モンテルカスト→シングレア

ビラノア→エバスチン

アンブロキソールOD錠→アンブロキソール口服溶液

スプラタストトシル→お取り寄せ

 

3種類のお薬を、3ヶ月分で、988.89元。診療費など込みでは、2013.89元。

保険証券でのお支払いとなるので、当日、現地でのお支払いはありませんが、後ほど、そのうちの3割分をダンナの給料から天引きされるシステムらしいです。

在庫の足りなかったお薬があったり、お取り寄せになったお薬は、後で、家まで郵送をしてくださることになりました。

 

今日は、いろいろ、初めてだったので、ダンナに一緒に来てもらって、ホント助かりました!

次からは、平日に、たぶん、自分で行けることでしょう!?😅