おばさん、上海ってどうよ!

え!ウソでしょ!? 50代半ばでダンナの海外赴任に帯同することに‥。 2021年〜コロナ禍での帯同に伴う葛藤や奮闘を書き留めていきたいと思っています。

また、新しいルールが‥

先日、2022年1月19日に搭乗された方から、搭乗7日前のPCR検査と、それ以降の、搭乗前日までの健康観察のルールが追加となったばかりですが、上海では、1月25日から適用で、また、新しいルールが追加発表されました。

 

「14(集中隔離期間)+7(自宅等での健康観察期間)」のうちの、「+7」の部分が、厳格化されたようです!!😳

 

自宅の設備等が健康観察の条件に合致しない場合、健康観察用ホテルを各自で用意して、健康観察をしなければならなくなったそうで、自宅、もしくは健康観察用ホテルが、その条件を満たしているかどうかは、それぞれ、直接、問い合わせて、確認してみないとわからないみたいです。

また、集中隔離のホテルから、自宅もしくは健康観察用ホテルに移動する時は、タクシーやマイカーは使えず、当局の用意する隔離専用車両で、移動することにもなったそう。

「+7」の健康観察中のPCR検査についても、当局の用意する専用車両で出向くか、当局に隔離されている部屋まで来てもらうかのどちらかになるそうです。

 

そして、新しいルールを守らなかった場合には、「法的責任が厳しく追及される」ことも、この度、ルール化されたみたいです。😱

 

ただし、今のところ、このルールは、3月31日までとのこと。

そのままだとしたら、私が、上海へ行ける頃には、もう、解除になっているかもしれません。

しかし、本当に3月31日で終わるかどうか?定かではないと思われます。

 

情報番組によると、欧州の方では、もう、オミクロン株も、亜種とかいう、変異株?的なものが、出て来ているらしいし、オリンピックやチャイニーズニューイヤーの長期休暇が終わった後に、今の日本のように、中国でも、コロナが蔓延しないとも限らない。

 

油断大敵!!☝️

リスク管理は、より悪い方を想定しつつ、より悪くならないための準備をしておかないと!!🤔

 

私は、コロナワクチンのブースター接種は、まだまだ接種券も届かないので、受けられませんが、ダンナは、一時帰国の予定もないし、住民票を抜いたので、日本で、ブースター接種を受けること出来ません!!

ダンナも、重症化リスクのある持病があるので、私よりも早い時期の7月に、2回目接種を受けてから、上海へ出国しています。

しかも、ダンナが打ったワクチンはファイザーだったので、私が打ったモデルナよりも、今、抗体量が減ってきているものと想像出来ます。

 

私は、ちょっと前から、ダンナに、シノバックなどの中国のワクチンを受けることを勧めているのですが、周りに、日本のような危機感もないみたいだし、不活化ワクチンとの交差接種をするのをためらっているみたいで、なかなか、本気で考えてくれません!!

でも、中国でも、市中感染がちらほら見られるようになったし、上海の当局も、こんなにルールを重ねてきていることから、危機感をあおって、やっと、本気で考え出してくれるようになリました。

通訳さんに、ワクチンの予約方法を聞いてみる!と言っているので、たぶん、近々、ワクチン接種に行ってくれることでしょう。

 

流行り出す前に、2回接種まで終われると、もっと、安心なのですが‥ 間に合うかな?🙄

 

人流‥ 減ってきている!?

昨日は、朝から、B型肝炎の抗体が出来ているか?を調べる採血をするために、病院へ行ってきました。

いつものように、バスに乗ったら、余裕でシートに座れて、

 

「あれっ!?人が少ない!!」😳

 

‥と、ちょっと、びっくり!!

尋常じゃない、新規感染者の増え方を目にして、さすがに、皆さま、不要不急の外出を控えるようになられているんだなぁ‥と、実感できるようになってきていました。

 

町の小さい病院ですが、一応、総合病院なので、病院自体には、たくさん人が来ていて、会計などは、それなりに待ちました。

この病院は、発熱外来を、外の駐車場の一角にテントを立てて作っておられて、発熱患者とは交わることがないように工夫されているので、持病で通院しなければならない、私のような患者にとっては、少し、安心できて、ありがたいです。

この病院は、産科もあり、簡単な手術や入院もできるのですが、入り口に掲示してあった、貼り紙によると、今年に入ってから、立ち会い出産や入院見舞いなど、出来なくなってしまっているようでした。

この安心を守るために、やっぱり、何かを我慢しなければならない方が出てしまうんだなぁ‥と思うと、なんだか申し訳ないような気持ちもしました。

 

その後、病院からの帰りがけに、ちょっと、買い足したいものがあり、駅前の大型スーパーまで行ったのですが、病院までと違って、今度はスゴい人の波が‥

 

いやいや、人、多いし‥😵

 

駅前まで来ると、高齢者はいつもより少ないものの、若い人は、オミクロンなんか全然怖くないのか?ベビーカーを押したお子さま連れの方なども、結構、いらっしゃいました。

もちろん、必要な買い物で、たまたま外出されているだけのかもしれません!

でも、大型スーパーの中の、それほど大きな店舗でもない100円ショップなんかも、なかなか、「密」な状態になっていました。

中には、マスクを付けず、話しながら歩いている若い人も見かけたりして‥。

 

重症化リスクの高いおばさんにとっては、とても、怖くて近づけません!!😱

 

バスに乗る人が少なかったので、油断して、ちょっと買い物に寄ってしまいましたが、必要買いだけして、サッサと帰ってきました。

月末までに、あと2回、通院しなければいけませんが、それ以外は、やっぱり、重症化リスクの高い私は、自己防衛で、しばらく家に閉じこもるのが、安心だな‥と思い知らされました。

 

重症化しにくいのではないか?と言われている、オミクロン株が主流になったとはいえ、まだ、重症化しやすいと言われる、デルタ株も無くなった訳ではないので、私みたいな重症化リスクが高い人でなくても、絶対に重症化しないとは限りません!

私とは違って、家に閉じこもってなんかいられないお仕事に就かれておられる方も、きっと、毎日、感染リスクと向き合いながら、頑張っておられることと思います。

 

ひとりひとりが、自分の生活スタイルの中で、なるべく、自己防衛出来るように、考えられる感染対策を、頑張っていけるといいですね!!🤗

 

上海は、割と普通みたいだけど‥

日本や世界では、コロナの感染爆発が起きていますが、ダンナの渡航した上海では、割と、普通に暮らしているみたいです。

昨年12月19日に開催予定だった、上海ブラスバンド定期演奏会も、ちょっと感染騒ぎがあったため、来月2月13日に延期になりましたが、今でも、ところどころ、上海市内で、封鎖騒ぎがあるものの、今のところ、開催できる見込みで、練習に励んでいる様子。

 

しかし、同じ中国国内で、もうすぐオリンピックの始まる北京でも、オミクロン株の市中感染が見つかり、必死に抑え込んでいる様子を、ニュースで見かけます。

今朝も情報番組を見ていたら、このゼロコロナを維持するために、中国の国内で、約2千万人の方々は、封鎖エリアで不自由な生活を余儀なくされているとか‥。

 

つまり、その封鎖エリアで過ごされている2千万人の方々と、それをキッチリ抑え込んでいる人々のおかげで、ダンナのような普通の暮らしが成り立っている‥という訳です。☹️

 

封鎖されたエリアの中では、妊婦さんの陰性証明が4時間期限切れだったために、医者に見てもらえず、流産をしてしまった話なんかもニュースになっていましたよね。

ダンナのように、中国の皆さまが普通に暮らすために、たまたま封鎖エリアの中に住まわれている方が、命を落としてしまうこともあるなんて‥何とも、やりきれない思いがします。

ダンナのように、ほぼ自由に過ごしている方々にも、ぜひ、理不尽な封鎖に、ご苦労をされながら、我慢して、過ごされている方々がいる‥ということを、忘れないように、ありがたく過ごして欲しいと思います。

 

そして、私たち、日本にいる者も然り!☝️

 

どんどん、新規感染者が増えてきていますが、医療関係者は、もちろんのこと、今、私たちが普通に暮らせているのを支えてくださっている方々にも、感謝です!!

ま、こんな時だけではなく、いつも、どこかで誰かのしてくださったお仕事によって、社会は成り立っているんですけどね。

 

今は、お仕事も何もしていなくて、社会の一員とは言えない感じの私。🥺

とりあえず、社会のお荷物にならないように、健康にだけは気を付けて、過ごしていこうと思います。🤨

 

感染拡大が止まらない‥

昨日、コロナの新規感染者数が、ついに、5万人を超えました。

月末までに、あと3回、通院予定がある私。

ここまで、コロナの新規感染者数が増えてくると、病院へ行くのが怖い。

ま、でも、私は、出掛けないといけない用事は、これだけなので、まだ、マシなのですが、ウチの子供たちは、みんな接客業なので、毎日のように、不特定多数の人と会わなければならず、いつも心配をしています。

 

それとは、別の話で、ちょっと気になっているのが、渡航前のPCR検査。🤔

 

出国前48時間以内にダブル陰性証明をもらって、グリーンコードを取得しないと、搭乗できないはずですが、これだけ、普通に、コロナの検査をする人が出て来るようになったら、検査結果が出てくるまでに時間がかかったり、検査自体が出来なくなったりして、支障が出て来たりしないのかな?と。

 

ダンナが渡航した、お盆明けも、第5波のピークで、朝、検査をしたあと、本来なら、15時には結果がいただけるはずだったけれど、17時に変更されたことを思い出しました。

ま、中国の指定する病院なので、予約もしてから行くし、外注とかにしないで、病院内で検査結果を出せるなら、大丈夫なのかな?と、思ったりもしますが‥。

でも、やっぱり、ちょっと、不安は残ります。

 

搭乗7日前のPCR検査も増えたけど、これも指定病院でするみたい‥😥

 

前にも、書きましたが、PCR検査をやってもらえる指定病院が近くにはないので、これだけ市中感染が増えてきたら、そこへ行き来する道中に、コロナに感染しそう!!

もしも、7日前の検査は陰性だったのに、48時間前の検査で陽性になってしまったら、いったい、どうしたらいいんでしょう!?

きっと、引っ越しで、もう、家に物が何もない状態だし、ウチのような借家だと、物がないだけじゃ済まなくて、自宅療養するにも家もない!!

飛行機にも乗れないとなると、航空手荷物だけが残った状態で、下手をしたら、招聘状を取り直すところからやり直しになるかも!?

 

もう、想像すると、どんどん、恐ろしい想定が思い浮かんできます!!😱

 

いやいや、そういえば、私は、まだ、初夏まで、渡航出来そうもないんだった!

私が渡航する頃には、さすがに、第6波も下火になっているはず!?

 

悪い方にばかり、想像するのは、もう、やめよう!!🤔

 

今、この厳しい状況の中で、渡航を控えておられる皆さまも、今までに増して、大きな不安を抱えておられることと思います。

でも、きっと、そんな皆さま方のために、何とかして差し上げたい!‥と、一生懸命、尽力してくださっている方々も、見えるところだけじゃなく、周りにたくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。

 

大丈夫!! きっと、何とかなる!!😉

 

とりあえず、気持ちを強く持って、お互い、考えられる感染対策を、着実に実行していきましょう!

 

そうは言っても、これだけ感染拡大してしまうと、もしかしたら、もう、感染するのは、時間の問題かもしれません!!

でも、もしも、運悪く、感染してしまったとしても、その事を嘆くことに時間を使うよりも、周りで助けてくださる方々に感謝しつつ、まずは体調の回復に努め、地道に、渡航手続きの変更にも対応していけるよう、気持ちを切り替えていきたいですね。

ま、一回、非常に落ち込むことは間違いないので、そこからの気持ちの立て直しは、とても、難しいとは思いますが‥。

 

今、渡航に直面されている皆さま方が、どうか、無事、上海へ渡航することが出来ますように‥と、陰ながら、お祈りしております。🙏

 

5層構造のマスク、使ってみた!

昨日は、定期通院の日でした。

今月上旬まで、チャイニーズニューイヤー前後で、渡航することになるんではなかろうか?と思っていて、ギリギリに薬を頂いてから渡航しようと考えていたので、今月末までに、なんと、あと3回、通院予定を入れてあります。

昨日の通院時、先日、仕入れた、性能の良さそうなマスクを、早速、ひとつ、お試ししてみました!

 

J99という規格で、高性能フィルターが2枚使われている、5層構造のマスクです!😷

 

重症化リスクのない方々から見ると、「5層構造‥って、そこまでする必要があるの?」‥って感じでしょうが、重症化リスクの高い持病を持っている私は、なるべく、感染したくないので、ま、そこは、あくまでも、念のため、出来ることは、試しておきたいのです。

 

使ってみた感想としては、結果、なかなか良い感じでした!🤗

 

昨日、お試ししたJ99のマスクは、今まで使っていたプリーツ型とは違って、最近、岸田総理もされているような、いわゆる韓国のKF94マスクによく見られる形で、ダイヤモンド型と言うそうですが、三つ折りになっているのを広げて立体型にし、装着するタイプ。

私は頭が小さいので、ちょっと、耳にかけるヒモ部分が長く、調節が必要でしたが、これ、なかなか、顔にフィットして、隙間が出来ないのが、良い感じ!!

 

結構、良い感じで、隙間なく、顔にフィットしていたので、夏に、4層構造のプリーツ型のマスクを購入した時、息苦しくて、長時間、着けていられなかったことがあったことから、「これって、5層構造だけど、もしかしたら、これも、途中で息苦しくなるかも?」と思い、一応、替えのマスクとして、今まで使っていたタイプのマスクも持参して行きました。

 

5層構造は、さすが、それなりに、なかなかの厚みがあります。

しかし、5層構造と言っても、5層なのは、三つ折りの真ん中に当たる、正面部分だけ。

しかも、プリーツ型と違って、口の周りに適度な空間が保てているし、息を吸う時など、ちょっとだけ、その空間部分が凹んだりすることもありますが、逆に、5層もあるからなのか?割とその空間の形を保ってくれるので、マスクが鼻や口に当たって、不快な思いをすることもなく、とても快適でした。

そして、その空間が保てるからなのか?夏に購入したもののように、ずっと着けていられないような息苦しさも、感じることはありませんでした。

 

これは、なかなか良いかも!? あとは、他のも試してみて、コスト面と相談だな‥🙄

 

昨日は、呼吸器内科へ伺ったのですが、待合室にいる時、斜め前の向かい側に、咳が止まらなくて、その後、唾液採取でコロナの検査をしている方がいらっしゃいました。

病院では、一応、時間帯によって、発熱外来を設けられていて、もちろん、私は、そうでない時間に伺いましたが、こんなことがあると、病院で感染しそうで、ちょっと、怖いです。

この程度では、さすがに、濃厚接触者とはならないでしょうが、それでも、念のため、家に帰ってから、持ち物を、全部、アルコール消毒しました。

 

あと3回、別の病院にも、通院しないといけないし、J99規格のマスクで、感染を防げていると良いのですが‥‥😥

 

子供の誕生日が来るけれど‥

もうすぐ、ウチの末っ子の誕生日が来ます。

年賀状の話の時にも書きましたが、今年は、2回目の年男!!

去年の2月から別居したので、離れて住むようになってからは、初めてのお誕生日。

ダンナは、上海から手配して、もう早々に、プレゼントを届けたらしいです。

私は、別居といっても電車で一駅のところなので、会って一緒に外食でもしようかと思っていました。

しかし、オミクロン株の新規感染者数が爆発的に増えすぎて‥

 

なんと!誕生日が来る前に「まん防」になってしまいました!!😭

 

私自身、重症化リスクの高い持病がありますが、実は、ウチの子も若いのに、しかり。

とてもじゃないけど、ウチのような状況では、もう外食なんて、考えられません!!

じゃ、家で一緒にご飯でも‥と、思いましたが、このような状況になっては、それも、どうかな?ということに‥。

 

また、家の中で、家族でマスク会食するのか???🙄

 

思い出したのが、ダンナが上海へ渡航する前‥

ちょうど、デルタ株で第5波のピークだった8月のお盆の頃、家族みんなで家の中で、ダンナの送別会の会食をしたのですが、マスクを外して食べている時は、ずっと黙食のままでした。

みんなで喋ることなく、不思議〜な感じで食べ始めたのですが、だんだんと、目配せなどで会話をし始め、おかしな感じになっていった‥という、以前にも書き記した、あの状況がよみがえりました。

 

それでも、来年の今頃は、さすがに、私も、もう、日本にはいないと思うので、やっぱり、会って、一緒にお祝いをしたい!!🥳

 

末っ子の好きな料理をいっぱい用意して、もう、最後になるかも知れないケーキとかも準備して‥とか、いろいろ考えてみたけれども、どうも、誕生日を迎える本人は、今ひとつ、乗り気ではない様子。

 

接客業で、いつも不特定多数のお客様と接しているから、万が一、家族内感染でもしたら、初老で持病持ちの母にはヤバいんじゃないか?と、気を使ってくれているのか?

それとも、もう、いい年なので、ただ単に母がウザいだけなのか?

まさか!?他に祝ってくれる人が、居たりして‥???

う〜ん‥どうしようかなぁ‥

 

いつまでも、なんだか、末っ子からは、子離れが出来ない‥という、ただのおばさんの話でした‥🥺

 

無駄な抵抗かも知れませんが‥

オミクロン株が市中感染したとの話を耳にしてから、まだ、1ヶ月も経っていないのに、想像を超える勢いで、連日、新規感染者が増えています。

オミクロン株は重症化しにくい‥とは聞くものの、重症化リスクの高い持病がある私にとっては、全然、油断できるような情報ではありません。

デルタ株の時は、重症化リスクが高いから‥と、ワクチン接種も、同年代の健康な方々よりも早い時期に接種することが出来ましたが、今回のオミクロン株では、重症化しにくいからなのか?そういった優遇措置も、今のところ、ありません!

 

したがって、まだ、かろうじて高齢者ではない私は、ワクチンの前倒し接種をしてもらえないことから、2回目接種が早かった分、一般の方よりも、3回目ワクチン接種までの、接種間隔が大きくなり、抗体量が下がっている時期が長くなることが予想されます。

 

さて、この期間を、どう過ごすか?🤨

もう、極力、家から出ず、人と接触しないで、自主隔離生活を続けています!!😫

 

しかし、持病があって、薬を飲み続けている私。

仕事もしていないので出掛ける必要もないし、買い物なども宅配とかで何とか出来るけれど、通院だけは避けて通れません‥。

コロナ禍の今どきは、電話診療をしてくださる先生もいらっしゃいますが、私が通院している病院は、先生の方針で「電話診療は受け付けません!」という内容の張り紙が、受付に掲示してあります。

こんなに、自主隔離を頑張っているのに、電車に乗って、バスに乗り換えて行かなければならないのは、ちょっと不本意ですが、仕方がありません。

 

そこで、ちょっとでも、オミクロン株に抵抗しようと考えたのが、マスクの性能。🧐

 

いっときは、流通が混乱して、マスクが手に入らなかったり、ものすごい高額で、粗悪品を掴まされたり、大変な状況でしたが、今では、使い捨てにするのに、もったいなくないくらいのものから、こだわりのものまで、よりどりみどり。

公共交通機関に乗るなら、性能の良さそうなものを使用したい‥と、通販サイトで探してみると、まあ、いろいろ、あるわあるわ!!

 

前回、第5波の時にも、同じように、探したことがあったのですが、ちょっと、お値段お高めの4層構造になったマスクを1箱(50枚入り)を購入してみたら、息苦しすぎて、長時間、着けていられなくて、全然、使えなかったことがあり、その後、同じ4層構造でも、息苦しくなりにくいものを見つけられたので、そちらを継続して購入するようになりました。

 

今回、もっと性能の良さそうなマスクを探すにあたって、前回の失敗から、バラ売りされていたのを何種類か購入して、まずはお試しをしてみようと考えました。

そして、私が、上海へ渡航する頃には、もう、オミクロン株は終息しているかも知れませんが、渡航時の飛行機の中でも使えそうなものを‥ということを基準にして、探してみることに‥。

 

高性能なもの‥と思って探し始めてみると、N95だの、N99だの、KF94だの、KN95だの、JN95だの、J95だの、J99だの‥いろいろ、高性能の基準みたいに書いてあるものが多くて‥

 

何が違うの?と思って調べてみると‥

  • N95・N99     ‥   アメリカの規格基準
  • KF94   ‥   韓国の規格基準
  • KN95  ‥   中国の規格基準
  • JN95   ‥   日本の規格基準
  • J95・J99     ‥   日本の新しい規格基準

のようです。

 

調べてみても、何が違うのやら?って感じですが、どれも、高性能フィルターが使われているってことだけで、そんなに違いはないように感じました。

数字の「95」とかは、微粒子の捕集効率が95%以上ということみたいで、 「99」の方は 99%以上だと考えると、そっちの方が、ちょっと、性能は良さそうに感じますが、その分、息苦しいであろうこと必至です。

それから、例えば、同じ「N95」と記載されていても、アメリカの規格基準に基づいて、作られてはいるけれど、作った場所によって、日本製のもあれば、ベトナム製のもあるし、また、フィルター以外の不織布部分で、肌に当たる側が、コットン100%にこだわっているのもあれば、なんとシルクになっているのもあったり、作られたところや素材によって、お値段もピンキリでした。

 

あえて、違いを言うとしたら、私の調べた範囲では、KN95とJ99は、高性能フィルターが、2枚、使われているようでした。

全体が、3層構造のものや、4層構造のものや、5層構造のものがあるのですが、そのいずれであったにせよ、その他の規格基準のものは、高性能フィルターが1枚なのに対して、この2つだけは、フィルターが、2枚、使われているようでした。

 

しかし、PFE‥微粒子ろ過効率や、VFE‥ウイルスろ過効率の高さをうたった、高性能フィルターを使っていることだけに注目するのではなく、マスクは、隙間なく、顔にフィットさせて使用することが、とても大事!!

 

いくらフィルターが良くても、第5波の時に購入したような、息苦しくて、ずっと着けていられないようなものでは、あまり、意味がありません!!☝️

 

とりあえず、個包装分を小分けにして、3枚とか5枚とか、私みたいな人のために、お試し用にバラ売りして下さっているところがあったので、性能は良さそうだけど、見た目が、いかにも、病院や防疫の人みたいにならなそうなもので、なおかつ、コストパフォーマンスも、それほど悪くないと思うものを、3種類ほど購入してみました。

 

これから、通院時などに、ひとつずつ、お試ししてみたいと思っています!😷